KIDS × ARTIST vol.17 Masanao Hirayama オリジナル絵文字をつくろう!

LINEスタンプ「How are you feeling today」シリーズを発表しているアーティストの平山昌尚さん。平山さんの描く絵文字は、シンプルでユーモアがあり、たくさんの人から支持されています。今回は、平山さんと一緒に子どもたちが絵文字づくりに挑戦しました。

はじめに平山さんから、気持ちを絵文字にしてみようと提案がありました。黒いペンを手に白い紙に向きあって、途中脱線しながらも、どんどんオリジナルの絵文字を描き出した子どもたち。
「あるとき誰でも描けるような絵を描きたくなって、すごく単純でわかりやすいものに興味をもつようになりました。そのときに目に留まったもののひとつが絵文字でした。絵文字って、作者が誰かなん
て気にならないし、誰が見ても意味がわかる。絵文字に影響を受けたタイミングで、LINEスタンプが誰でも参加できるようになり、自分もやってみようということになったんです。

今日は、思い思いに絵文字を描く子どもたちに圧倒されたし、見ていて楽しかったです。何回も同じところをなぞる子、一気に描ききる子、ペンを紙に叩きながら描く子、線が床にはみだしても気にしない子。みんな同じ黒いペンを使ったけど、それぞれが全然違ったタッチになって、バリエーションに富んだ絵文字ができあがりました。自分が描くとなるとどうしても考えちゃうから、どんどん描く子どもたちをうらやましく思いました。

スタンプは、ふだんの僕の絵と全然違います。ふだんの絵はどちらかというと意識的に感情をなくすようにして描いているし、見る人がどんなふうに捉えてもいいと思っていて。一方で、スタンプでは誰にでもわかる感情を絵として描くようにしています。それまで自分の絵を使ってコミュニケーションをするということは考えたことがなかったけど、スタンプになったとたんに作者不詳の絵としてひとり歩きしだした。誰かの会話のなかに自分の絵が使われるのは、おもしろいですね。正直、こんなに広がるとは思わなかったけど(笑)」

できあがった絵文字はどこかクスッと笑えるユーモラスなものばかり。ストレートな言葉だけに頼らず、ユーモアをプラスした絵文字で気持ちを伝えれば、コミュニケーションが楽しくなるかもしれませんね。

平山昌尚
1976年、神戸生まれ。絵画、ドローイング、パフォーマンスなど東京を拠点に活動。個展、グループ展のほか zineの出版、ブックフェアへの参加など幅広く活躍。書籍に『Card Game(4999)』(Nieves / Rollo Press、 チューリヒ、2013)、『3444』『Street View』(edition nord. 、新潟、2011 / 2012)ほか。www.himaa.cc

» mammoth [マンモス] No.37 こころ Issue

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...