カラーリング・アート vol.12 LAWRENCE HUBBARD|STÜSSY #012



カラーリング・アート vol.12 LAWRENCE HUBBARD|STÜSSY #012
DOWNLOAD PDF

ステューシーフレンズのアーティストによるカラーリング・アートブック。今回は、アメリカ・ロサンゼルスで活躍するコミックアーティストのローレンス・ハバードさん。さあ、ぬりえにチャレンジしてみよう。

カラーリング・アート vol.12 LAWRENCE HUBBARD|STÜSSY #012
Stüssy Coloring Workbook

Artist File 12 LAWRENCE HUBBARD
アメリカ・ロサンゼルス生まれ。コミックアーティスト。3歳から絵を描きはじめる。H. P. McElwee 氏と出会い、1989年にコミック誌「Real Deal」を発行。LA のアンダーグラウンドな世界をコミカルに描き、人気を博す。
www.realdealcomix.com

Artist Interview
Q . 子どものころに夢中になっていたものはなんですか?
A . おもちゃで遊んだり、近所を走り回ったりしていた。

Q . 子どものころの夢は?
A . いつか自分のアニメスタジオを持つことと、大学のアートの先生。あと、たくさん旅をすること。
Q . アーティストになったきっかけは?
A . 3歳のときから絵を描いていたし、いつもテレビアニメを観ながら、ぼくがやりたいのはこれなんだと言っていたよ。
Q . 子どものころにあこがれていた人はだれですか?
A . モート・ドラッカーやアンジェロ・トーレス、アル・ジャフィー、デーブ・バーグなど、マッドマガジンのアーティストたち。他にも、E. シムズ・キャンベルやジャック・カービー、ジム・ステランコ、スティーブ・ディッコなど。
Q . いまの仕事のどんなところが好きですか?
A . 真っ白な画用紙を見つめて、心のなかに描いた幻想を紙に表現していくところ。
Q . 子どもたちにメッセージを!
A . いつも情熱や夢を追いかけて。本当に好きなことは、つべこべ言わずやってみよう。実現するのに時間はかかるし、大変かもしれない。でもそれが人生ってもんだ。

STÜSSY
サーフシーンからうまれたクールでカッコいい子ども服
1980年に南カリフォルニアのサーフシーンから生まれたファッションブランド。西海岸から全世界へ、新たなシーンの発信を続け、カジュアルウェアの概念を一変し、ストリートカルチャーの新時代を切り拓いた。創業から37年を経た今なお世界中のファンから愛されている。ステューシーキッズは、クールでカッコいい西海岸のキッズスタイルを提案しつづけている。
stussy.jp

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...