3.20(水) マンモススクールプログラム開校 @ 博多阪急

個性豊かな先生たちを迎えてワークショップを開催するマンモススクールプログラムを、3月20日(水)に博多阪急で開催します。「竹工芸家・大橋重臣さんと竹のおもちゃで遊ぼう」「造形作家・柴田美千里さんとサルのしっぽをつくろう」「マンモススクール・ルーカス校長としっぽをつけて撮影会」の3つのプログラム。次号マンモスの特集のテーマ「サル」にも注目した内容です。すべて事前予約制となりますので、博多阪急(092-419-5097)までお電話にてお申し込みください。

マンモススクールプログラム@博多阪急
日程:2013年3月20日(水・祝)
会場:博多阪急7階 子育てコミュニティルーム
11:00〜 Shigeomi Ohashi × mammoth 竹工芸家・大橋重臣さんと竹のおもちゃで遊ぼう
14:00〜Michiri Shibata × mammoth 造形作家・柴田美千里さんとサルのしっぽをつくろう
16:00〜 mammoth school マンモススクール・ルーカス校長としっぽをつけて記念撮影

【プログラム内容】
竹工芸家・大橋重臣さんと竹のおもちゃで遊ぼう
竹のおもちゃ「TENTA」を床に広げて
砂場遊びのように、竹を自由に組み立てて遊ぶワークショップです。
竹工芸家・大橋重臣さんが遊び方を教えてくれます。
時間:11:00〜12:00
定員:10組(親子ペア)

対象年齢:5歳~小学生

参加費:無料
講師紹介:大橋重臣
竹工芸家。1973年、福岡県生まれ。伝統的な技術を用いた創作活動の傍ら、インスタレーション作品を制作するなど、新しい竹の可能性を探求している。

造形作家・柴田美千里さんとサルのしっぽをつくろう
造形作家・柴田美千里さんと一緒に、自分がつくりたいサルのしっぽをつくります。
君にはどんなしっぽが似合うかな?
時間:14:00〜15:30
参加人数:6組(親子ペア)
対象年齢:5歳〜小学生
参加費:1000円 ※つくったしっぽはお持ち帰りいただけます。
講師紹介:柴田美千里
造形作家。1961年、静岡県生まれ。野外彫刻展を中心に作品を発表。ワークショップや映像とのコラボレーションもおこなっている。

マンモススクール・ルーカス校長としっぽをつけて撮影会
造形作家・柴田美千里さんがつくったいろんな動物のしっぽをつけて、ルーカス校長と
一緒に記念撮影しましょう。
時間:16:00〜17:00
参加人数:20名
参加費:無料 ※チェキで撮影したフィルムはお持ち帰りいただけます。

すべて事前予約制となります。
お電話にてお申し込みください。博多阪急:092-419-5097
博多阪急HP:
http://blog.hankyu-dept.co.jp/hakata/cotocotostage/2013/03/20130311_170652_9169.html

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...