未来の長屋スタイルをみんなで考えよう|建築家、作家 アズビー・ブラウン

未来の長屋スタイルをみんなで考えよう – 家をテーマに、インタビューしている本誌『mammoth』HOUSE 特集。さまざまな分野の賢人たちの言葉をきっかけに、親子で家について考えてみてはいかがでしょう。2人目は、建築家、作家のアズビー・ブラウンさん…
続きを読む »

 

Mammoth magazine no.30 House issue | User’s manual

『mammoth』no.30・HOUSE特集の楽しみ方を紹介するビデオクリップです。住まいを考えることは、暮らしかた、生きかたを考えること…
続きを読む »

 Illustration: Yutaka Nakagaki

マンモス・ゲーム YOUR FUTURE HOUSE|自分にぴったりのくらし、発見!

「HOUSE/家」をテーマに特集している、本誌『mammoth』最新号(no.30)。今回のマンモス・ゲームのページは、未来の自分にぴったりのくらしをみつける…
続きを読む »

 

常に家族の気配があるつながりを感じる家|建築家 伊東豊雄

常に家族の気配があるつながりを感じる家 – 家をテーマに、インタビューしている本誌『mammoth』HOUSE 特集。さまざまな分野の人たちの言葉をきっかけに、親子で家について考えてみてはいかがでしょう。1人目は、建築家の伊東豊雄さんです…
続きを読む »

 

地上から離れて樹上生活|ツリーハウス・クリエーター 小林崇

ツリーハウスとは、生きている樹木を土台につくられた家。大航海時代に東南アジアにたどり着いたヨーロッパ人が、木の上で生活をしている人たちを見て衝撃を受け…
続きを読む »

 

坂口恭平さんインタビュー|プロフェッショナルじゃダメ。素人上等。家だって電気だって、自分たちでつくれる

「セキスイハウスみたいな家をアリジゴクの方法でつくる」小さなころから考えていた“家”のイメージは、ダンボールハウスで結実する。建築家で作家の坂口恭平さんは、現在ふたりの子どもがいる4人家族で熊本のアパートに暮らしています。坂口さんが小さなころ住んだ家と家に対する思考の変遷、そして坂口さんが考える未来の家について聞きました。
続きを読む »

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
previous
next