鳥の巣|マンモスポスター|鈴木まもる

マンモス家特集号(no.30)のポスターページは、鳥の巣研究家でもある絵本作家・鈴木まもるさんの作品。「キムネコウヨウジャク」という鳥の巣です。不思議な造形の巣から、黄色い鳥が顔を出しています。鳥が自分でつくる巣には、どんな秘密があるのでしょう? みなさんはこの絵からどんなことを感じますか?

ポスターページはこちらから。
» MMoA Mammoth Museum of Art | Mamoru Suzuki

鈴木まもる
1952年、東京生まれ。東京藝術大学工芸科中退。画家、絵本作家、鳥の巣研究家。1980年、「ぼくの大きな木」(文・鶴見正夫/偕成社)で絵本作家としてデビュー。以来、絵本や童話の挿絵を多数手がけるほか、野山で見つけた鳥の巣の造形的魅力にひかれ、独学で巣の研究と収集を始める。今回、紹介した作品は「キムネコウヨウジャク」の巣。 http://www.i-younet.ne.jp/~basaract/

mammoth No.30 HOUSE Issue 収録

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...